当院のご案内

効果的な通院のしかた

最初は続けて受けて下さい

上記の方は活力エネルギーが不足している状態なので、間隔が開きすぎると元の状態に戻ってしまいます。
その為にも、エネルギーがある程度貯蔵され症状が改善されるまで、間隔を詰めて治療を受ける必要があります。治療に要する期間は、個人差がありますが、だいたい2〜3ヶ月と思って下さい。

下記の図を参考にしていただければご理解しやすいかと思います。

治療図

※上記の通院ペースに無理のある方には、自宅で治療効果 が持続できるよう家庭灸をお教えいたします。あるいは、漢方薬の併用をお薦めします。業務提携をしている漢方専門薬局から漢方を送ることもできます。
(処方、アドバイスを致します。)


すぐに相談する


Home

| | | | | |

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.