4.「肝鬱による発熱」
《病因・病機》
肝の生理で述べましたが、肝はストレスに弱い臓器でした。ストレスが加わることで、気鬱が起こり、次いで気鬱が火になる「気鬱化火」が起こり発熱を発症いたします。

《誘発原因》
情志の変化で誘発されます。

《症状》
〈主症状〉
イライラなどの精神状態で発熱する・・・
  肝鬱化火の症状です。(詳しくは肝の生理を参照してください。)

〈随伴症状〉
イライラ・起こり易い・・・
  気をスムーズに流す働きである「肝の疏泄作用*」の失調により「精神活動の調整**」が出来なくなって起こります。
(肝の疏泄作用*精神活動の調整**:肝の生理を参照してください。)
胸や脇の張った感じ・乳房の張った痛み・・・
  肝鬱により気の渋滞が肝と関わりのある「経絡*」に起こり、発症します。(詳しくは「経絡*」を参照してください。)
月経不順・生理時の痛み・・・
  肝の失調により肝の作用である血流量 の調節が出来なくなっておこります。(詳しくは肝の生理を参照してください。)
ノドが乾き冷たい飲み物を欲する・・・
  熱が体内の水液を損耗して起こります。
顔が紅い・・・
  熱が顔まで昇って来ている状態です。
便秘・・・
  熱が体内の水液を損耗して腸を潤せなくなって起こります。
尿は紅っぽいか黄色・・・
  熱が膀胱などへ下注すると起こります。

《治療》
治療は「理気解鬱」「清肝瀉火」といい、肝の火をしずめて、疏泄を改善し鬱滞している気を流す治療を行います。
ツボ:太衝・行間・風池・曲池・合谷・など
漢方:丹梔逍遥丸・羚角鈎藤湯・天麻鈎藤湯・大定風珠・竜胆瀉肝湯・越鞠丸・炙甘草湯・など


5.「オ血による発熱」
《病因・病機》
オ血とは、血が滞ってしまっている状態です。このような状態でいると気血の流れが妨げられて鬱滞を起こし、更に熱化し発熱を発症します。「オ血」は気滞・外傷・出血などにより引き起こされます。

《症状》
〈主症状〉
午後や夜間に発熱・・・
  オ血の病は血にあります。血は陰に属します。陰の病は午後や夜間に発症しやすい特性があります。(詳しくは、陰虚の症状を参照してください。)
固定痛・・・
  オ血の特徴です。血の滞りがある場所に痛みが発症します。
サメ肌・・・
  皮下の経絡にオ血があると、その表皮まで血が循環されなくなり起こります。

〈随伴症状〉
顔色がどす黒い・・・
  オ血があるため顔面 の表皮まで血が循環されなくなり起こります。
ノドの乾き・・・・・・
  体内に鬱熱があるためノドが潤せずノドの乾きが生じます。
月経血や出血は紫暗色で血塊がある・・・
  紫暗色は血液循環の悪い特徴で、さらに進むと血塊が生じます。

《治療》
治療は「活血化オ」「行気通絡」と言い、滞っている血を流し、更に、気も流して経絡を通 す治療を行います。
ツボ:合谷・三陰交・膈兪・内関・太衝・など
漢方:七厘散・温経湯・清営湯・など

以上が病因の分類による発熱の説明になります。

さて、発熱の中に「潮熱(ちょうねつ)」と表現される症状があります。
「潮熱」とは東洋医学独特の考え方で、臨床においてもよく見られる症状ですので簡単に紹介しておきます。

★潮熱★
「潮熱」とは、あたかも潮の満ち引きの様に、規則正しく、いつも同じ時間に発熱が起きたり、熱勢が強くなる症状をいいます。
一般には午後に多く発熱し、【陽明潮熱】【陰虚潮熱】【湿温潮熱】などがよく現れます。


【陽明潮熱】
午後3時〜5時の間で熱が高くなります。この時間帯は「日晡」と呼ばれることから、「日晡潮熱」とも言われます。
外因の熱邪が胃腸(陽明)*にこもり、体内や体外を蒸らすことにより発熱します。
腹部の張ったような痛み・乾燥した便・などが特徴です。
[胃腸(陽明)*:経絡の説明で正経12頚経というのがありました。これは経絡のなかで一対ずつ内臓と深い関係のある経絡のことでした。このなかで胃と大腸に関係の深い経絡を陽明経といいます。]
この時間帯は陽明経の気が旺盛になり、陽明経の「正気**」と外邪で「邪正闘争***」が起こるために、毎日この時間に熱勢が強くなります。
(正気**は「気」の説明の「正気」を、邪正闘争は「外感発熱」を、参照してください。)


【陰虚潮熱】
午後もしくは夜間に発熱することから「午後・夜間潮熱」とも言われています。又、朝には熱は下っているのですが、午後や夜間になると再度発熱を起こします。
発熱はそれほど高熱ではなく(38℃位)、頬が紅潮したり、手の平や足の裏のほてり、寝汗、などが特徴です。「陰虚潮熱」とは先程説明した「陰虚による発熱」のことですので、詳細については「陰虚による発熱」を参照してください。


【湿温潮熱】
午後の発熱が顕著に現れます。又、高熱がでることもあります。患者さんは熱感を訴えますが、他人が手で触っても最初はそれほど熱はありませんが、しばらくすると著しい熱感を覚えます。
主に外因の中の湿邪・熱邪が脾胃に影響して起こります。
悪心・嘔吐・食欲不振・泥状便・頭や体が重い・といった特徴があります。
湿熱が体内にこもってしまい、陽気の流れを阻滞させてしまいます。その結果 、熱が体外に発散できず発熱します。

以上が「潮熱」の説明になります。
先程も述べましたが、「潮熱」は臨床上よく見る症状ですが、東洋医学独特の考え方をし、西洋医学には無い概念であります。
このような症状の患者さんが病院へ行くと、医師からは「ただの風邪でしょう」と言われ風邪薬を処方されたが、何日か服用しても症状が改善されないといった話をよく耳にします。

さて、発熱について説明してまいりましたが、ご理解していただけましたか?皆さんに一番わかっていただきたいのは、一口に「発熱」と言っても病因によって、ツボや漢方薬の処方が違うという点です。
中医学には「同病異治・異病同治」という言葉があり、同じ病気であっても患者さんの体質や病状で治療や処方が違うこともあれば、異なった病気であても同じになることもあります。まさしく患者さん個人個人に合わせたオーダーメイドの医学です。
ですから最近TVや雑誌でよく「○○○には、このツボが効く」とか「○○○には、この漢方薬がいい」などと言われていますが、本来の中医学はそのような単純なものでは決してありません。それらはあくまで対処療法的なもので、根本からの治療には残念ですがなりません。
以上が、中医学(東洋医学)の診立てによる発熱の説明です。ご理解いただけましたでしょうか?

さて、次にご家庭で簡単に作れる解熱効果のある家庭薬・健康飲料・薬酒を紹介したいと思います。


★★家庭で作れる解熱効果のある、家庭薬・健康飲料・薬酒★★

★家庭薬★
昔から伝わる民間療法や家庭薬の中には、ほとんど薬効がなく、おまじないや迷信といっていいものもから、驚くほど効力があり、且つ科学も認める物まであります。
しかしながら、これらの効力の高い家庭薬は材料の入手が困難であったり、手間がかかるものも少なくありません。ですから、ここでは入手も容易で、手間も出来るだけ掛からないものを紹介したいと思います。(尚、出来るだけ数多くの情報を提供したいと思いますので、レシピについては省かせていただきます。もし、興味のある方はご遠慮なさらずに質問をお寄せくださいませ。)

◎たんぽぽエキス
タンポポには西洋タンポポと日本産のタンポポがあります。普段、我々が目にしているのは西洋タンポポですが、薬効は西洋でも日本産でも大差はありません。タンポポは解熱の他にも様々な効用があり、漢方薬にも使われています。タンポポとアルコールで「たんぽぽエキス」が作れます。


★薬酒★
薬酒とは薬効のある原料をアルコールにつけたものです。薬酒のメリットは原料をそのまま摂取するより吸収率が高いことから、少量 で効果が期待できるところにあります。又、お酒の好きな方には、楽しく美味しく飲んでいただけることも出来ます。又、材料をビンに入れておけば後は自然に熟成されるので手間もかかりません。 結構、作り出すとはまりますよ!

◎クコ酒
クコは生薬名では「枸杞子」「地骨皮」などと言われ、不老長寿・強壮・強精の薬として有名ですが、実はクコには解熱の効果 もあります。クコの実・氷砂糖・ホワイトリカーで作れます。

◎地黄酒
地黄は解熱以外に、貧血や強壮に効果があります。
熟地黄・砂糖・ホワイトリカーで作れます。
(熟地黄:アカヤジオウの根を蒸して乾燥させたもので、漢方薬局で購入できます。)

◎しそ酒
しそは解熱の他にリラックス効果もあり、漢方では「蘇葉」と呼ばれています。青じそと赤じそがありますが、薬酒にするなら青じその方がよいでしょう。
しその葉と実・蜂蜜・ホワイトリカーで作れます。

◎スイカズラ酒
スイカズラは解熱の他には、感冒・利尿に効果があります。スイカズラの花は漢方では「金銀花」と呼ばれています。


★健康飲料★
ここ数年、健康食品ブームが訪れています。人は物を食べて、それをエネルギーに換えて生きております。どうせ食べるのなら健康によい物・自分の体に合った物を飲食したいですよね。是非とブームで終わらせず、生活の一部にしていただきたいと願っております。

◎クズ湯
クズ湯の解熱効果は改めて言う必要がないくらい有名ですね。クズを漢字で書くと「葛」です。どこかで見覚えのある漢字ですよね。実はクズは有名な漢方薬「葛根湯(かっこんとう)」の主原料なのです。クズ粉・ひねしょうが・砂糖で作れます。

いずれも解熱効果に優れ、入手も容易だと思います。興味がある方でレシピ等に質問がある方は遠慮なさらずにご質問下さいませ。



さて、冒頭でも述べましたが「発熱」は重大な病気のサインであったりします。ところが誰しも発熱して直ぐに病院へ行く方は少ないでしょう。中には発熱ぐらいで病院へ行くのは恥ずかしいと思い込んでいる方もまだいるようです。又、発熱が長引いた場合にどのタイミングで病院へ行けばよいのか迷う方も多いと思います。そこで最後に病院へ行ったほうがよい状況について挙げておきます。

☆お医者さんに相談した方がよい状態とは☆
もし下記の様な状態になってしまったら、医師に相談された方がよろしいと思います。

1.生後3ヶ月〜1歳のお子さんの発熱が24時間以上持続した時。
2.薬等を服用して1〜2時間たっても39℃を超えている時。
3.2日たっても発熱が収まらない時。

以上が「発熱」についてになります。
発熱といっても様々な体調のアンバランスから来ることが多いと言うことを今回の内容で学習・ご理解して頂ければ有り難いかと思います。
又、発熱にはその起因によって、単に解熱剤を服用すれば済むということではないという事もご理解して頂ければと思います。
なかなか発熱の症状が改善されない場合は西洋医学的なアプローチだけを試みるのではなく、中医学(東洋医学)に詳しい所へご相談されることも大切かと思います。
ただし、東洋医学と言っても、中医学を行っている所でなければ、タイプ別 の起因判断は行えないかと思いますので、この点もご留意くださいませ。

ご質問等ございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

 


home

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.