最近、当院ホームページをご覧になった患者さんから、「鍼灸治療は美容に効果 があるの?」といった内容の質問メールを頂くことが増えています。
そこで今回は、特に女性の患者さんに関心の深い「美容に関する鍼灸」のお話をしたいと思います。

 鍼灸治療で肌荒れ或いは吹き出物等の改善が出来ることを、皆さんは御存知でしょうか?

 肌荒れ、吹き出物は内臓のトラブルやストレスによって発生することがあります。このような場合、ただ単に荒れた皮膚表面 をお手当てしても改善されないことが多いのです。なぜなら、お肌のトラブルの原因になっている「もと」の部分に対してお手当てしていないからです。
では、鍼灸治療ではどのように肌荒れを改善していくのかといいますと、詳しい問診により日常生活の状態、習慣或いは内臓のトラブルやストレスがないかを把握することが大切です。そして、個人個人の体調に合わせて、お手当ての手順を決め治療を行っていきます。

 例えば、日常生活で薄着をすることが多く、冷たい飲み物を好んで飲むような、体を常にひやしているような方には、体を温める治療を行い血液循環を改善し、お肌に血液の栄養素が十分いき渡るように整えます。冷えが改善される事により新陳代謝も良くなり、お肌もきれいになってきます。

 内臓にトラブルがある場合には、胃腸の機能に問題がある場合が少なくありません。特に口の周りや前額に肌荒れや吹き出物が出やすいタイプです。この場合は胃腸機能を活発にすることにより、便秘症の方は便秘も改善されお肌のトラブルも改善されます。

 ストレスの多い方は、偏頭痛や頭頂痛、肩こりが起きやすく、顔の側面 に吹き出物が出ることが多く、また不眠に悩まされる方も多いようです。中国医学では、ストレスが多くなると体の気(活力・体調を整える力)の流れが停滞しやすくなり、体に様々な症状が現れてきます。女性ホルモンの分泌の変化や冷え、のぼせ生理不順、肝機能の低下などにより、体の中に溜まった不純物を分解する機能が低下して肌荒れが生じやすくなります。

 中国医学には「以表知裏」という考え方があります。これは体表に現れている状態は、「裏」つまり内臓の状態を反映しているものであるという考え方で、非常に理に適った見方であるといえるでしょう。簡単にいくつかの例を挙げましたが、日常生活の参考にしていただきたいと思います。美容関係でお悩みの方は、体質改善中心の中国鍼灸にご相談をお勧めいたします。

 最近アンチエイジング(老化防止)、デトックス(排毒)などという言葉が流行していますが、中医学は、はるか何千年も前からこのようなことは、行われていました。
デトックスの代表的な治療が吸玉療法(カッピング)。ガラス玉容器を使い、体表に吸い込ませ血流を良くし、酸化した体をアルカリ化へ導く様に働き掛けます。また体に入り込んだ不必要な寒気、熱気を抜き去る作用が有ります。
吸い玉の作用は、解り易く言えば体内の老廃物質の新陳代謝を促進させる事です。アンチエイジングの代表的な治療が、日頃からの体の手当の予防養生なるものです。(鍼灸で自然治癒力を高め、活力エネルギーのチャージ補充する事を指します。)


肌荒れの気になる方
肌の老化(シミ、シワ)、体力の衰え、気になる方は、自然治癒力体を回復させる力を整え、体内から元気を取り戻し、美肌に役立つよう、或は自然な体の衰えを予防して行きましょう。

お気軽にご相談して下さいませ。

中医学診断による個々の体質、症状を判断し、治療は局所治療だけにとどまらず、体質や体の全体の活力エネルギーバランスの調整しお手当てをさせて頂きます。
治療で大切なのは局所治療でなく、症状などを引き起こしている原因に対しての治療が大切なポイントになります。この点を深く理解して頂ければと思います。症状により通 院期間、治療回数は違います。基本的に体質改善を行うのに三ヶ月位 は掛かると思ってくださいませ。ある程度時間を掛けて手当てを受けると言う気持ちをお持ち下さい。
食養生、家庭でのツボ療法の指導も致します。
漢方相談も可能です。
ちなみに、中医鍼灸の美容の適応例:ニキビ、吹き出物、面疔、シミソバカス(程度にもよります)、豊胸、生理時の肌荒れ、円形脱毛、アトピー性皮膚炎(乾燥肌タイプ・じゅくじゅく肌タイプ・皮膚が真っ赤になるタイプ・乾燥肌で赤黒肌色になるタイプ)、ストレスによる肌荒れ、ダイエット、目の下のクマ、冬季の乾燥肌などがあります。

ご質問等ございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

Eメール genki@dokutoruyo.com

 


home

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.