今日は風邪〈かぜ〉についてのお話です。一般にお医者さんにかかる理由で一番多いのも、この風邪〈かぜ〉かもしれませんね。それだけ身近にある病気です。

しかし、実は、風邪〈かぜ〉という病名はありません。正式には、かぜ症候群という上気道(鼻腔・咽頭・喉頭)の急性炎症の総称として、定義されています。

ほとんどが、ウィルスによる感染ですが、まだ発見されていないものも多く、現代医学が克服できない病気の一つです。

それではここで、西洋医学的な観点から、風邪〈かぜ〉についてお話しましょう。

わかりやすくするため、これからは〈かぜ〉と記しますね。

かぜは人間がよくかかる病気で、90%近くがウィルスによる感染です。

インフルエンザウィルスの感染で起こった場合をインフルエンザ、それ以外のウィルス、細菌などによる感染の場合を普通 感冒と分類します。

鼻かぜや、お腹にくるかぜ…というように、かぜにかかって出る症状は様様です。

代表的な症状をとしては、
・ 頭痛、発熱、
・ 咳、痰、喉の痛み
・ 鼻水、鼻詰まり、くしゃみ
・ 腹痛、下痢、嘔吐
・ 関節痛、筋肉痛
・ 全身倦怠感

などがあります。症状の違いは原因となるウィルスや、本人の年齢、体質によってもことなります。

代表的なウィルスと、それによる症状をみてみると

○ ライノウィルス-鼻症状(鼻水・鼻づまり・くしゃみ)
○ アデノウィルス・エンテロウィルス-のど症状(咽頭痛・喉頭発赤)
○ インフルエンザウィルス-38度以上の高熱・全身症状・関節痛・筋肉痛
○ ノロウィルス・ロタウィルス-感染性胃腸炎・嘔吐・下痢・吐き気
になります。


☆ウィルスってどんなもの?☆

ウィルスとは、細菌よりも小さな微生物で、非常に多くの種類があります。冒頭でお伝えしたように、まだ全部が知られているわけではなく、未知のものも多いのです。

かぜの原因となるウィルスは低温・乾燥を好む為、かぜが流行するのは、だいたい冬の時期となります。夏に発症するかぜは種類が異なり、高温・多湿に強いウィルスが原因です。


かぜは普通、時間の経過とともに症状が変化していき、比較的短期間のうちに治ります。しかし、慢性病のある人や、高齢者は症状を悪化させることも多いので、特に注意が必要です。肺炎などの合併症や、薬の副作用にも十分気をつけなければなりません。

また、小児のかぜも、自分では症状を的確に表現できないこともありますので、親の観察と判断が重要になります。お顔の色や便の状態、汗のかき方、食欲などを、日ごろからチェックしてみましょう。

妊娠中の場合は、特に母体・胎児ともに影響を及ぼす場合があるので、自分で判断せず、専門医にアドバイスを受けることをお勧めします。



☆かぜ薬の効果☆

市販の感冒薬は、解熱・咳止め・鼻水止め…のように、一連の症状を抑えるものです。かぜの原因となるウィルスに対して決定的な効果 を発揮する治療薬は、残念ながらまだ見付かっていません。抗生物質も実はウィルスに対してはお手上げなのです。

かぜはそのほとんどが飛沫感染といって、咳などとともにでる唾液の粒子から、人から人へ感染します。予防には、マスクの着用やうがい、手洗い、また食器などの共用は避けたほうが賢明です。そして何よりも安静を心がけましょう。


◎ さて、これまでは西洋医学によるかぜのお話でしたが、いよいよこれから中医学的なお話に入ります。人のからだを小さな宇宙と考え、自然界とより密接に関係を結ぶ中医学ならではの考えを、どうぞご覧下さい!


<中医学による風邪(かぜ)の考え方>

よく、「免疫力が低下すると病気になりやすい」と言われます。同じ状況の中にあっても、かぜを引く人と、そうでない人がいることからも、かぜの原因が決して外の環境だけではないことがわかります。外と中―この二つの状態が大きく作用するのです。

1. 外部環境、気候条件(暑い・寒い・風が強い・湿度が高い・湿度が低くウィルスが繁殖しやすい…など)

2. 自分のからだの状態(疲れている・寝不足・慢性疾患をもっている…など)

中医学では、この外からからだに悪い影響を与えるものを、外邪(外因)といい、風邪(かぜではなく、ふうじゃと読む)・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・熱邪(火邪)の六つがあります。

とくにかぜの原因となる外邪は、
1. 風邪
2. 寒邪
3. 熱邪
4. 湿邪 
の四つです。

それでは、この四つの外邪の特徴を見てみましょう。

○風邪○
・ 変化しやすいー病状の進展が早い(かぜも、寒気→発熱→咳→痰のように変化が早い)

・ 遊走性、移動性に富むー疼痛部分が移動する。

・ 上半身、皮膚をおかすー風邪は性質が軽く、頭、顔面などの上半身、あるいは表面 の皮膚に症状があらわれやすい。うなじや背中がゾクゾクするなど。

・ 動揺するーぐるぐるするめまい、けいれん、震えなど。


☆☆他の邪気を先導する!☆☆

ここがポイント!
風邪は単独で人体に侵入することは少なく、他の外邪をともなって、からだに入る。
<風熱・風寒・風湿など>

(風邪の症状)
寒気-温めると緩解、発熱、汗が出る、頭痛、鼻水、皮膚のかゆみ、しびれ、ひきつれ


○寒邪○
・ 冷えー全身、局所の冷寒症状をあらわす。寒気、手足の冷え、お腹が冷たい。分泌物はさらさらで、色は薄く透明。尿が近くなる。
・ 収斂性があるー縮まる。ひきつる。汗孔も閉じる為、汗が出ない。筋肉のひきつれ
・ 凝滞性があるー気・血の流れが停滞する為、こわばりや激しい痛みをともなう

(寒邪の症状)
激しい寒気―温めても変わらない、汗が出ない、うなじや背中のこわばり、関節痛、腹痛、下痢、嘔吐、手足の冷え


○熱邪○
・ 強い熱感―発熱。ほてり。冷たいものを欲しがる。顔が赤い。尿が黄色く濃い。冷やすと緩解。暑い日に悪化。
・ 炎上性があるー炎のように上にのぼる性質を持つ。上半身、特に顔面 部の熱症状
・ 神明をおかすー精神や意識に影響をあたえる。興奮。意識障害など。
・ 発散する−汗が大量に出る。
・ 気や津液を損傷するー大量発汗で体内の水分が損なわれて、皮膚が乾燥したり、喉が渇く。汗とともに気がもれるため、疲れやすいく、だるい。
・ 発疹、出血しやすいー熱邪が血に侵入するとおこる。血熱ともいう。


(熱邪の症状)
発熱、発汗、喉の痛み、口渇、黄色い鼻水、発疹、鼻血、血尿、目が赤い、いらいら


○湿邪○
・ 重く沈む性質があるー湿邪に犯された部分が重だるい。
・ 下に沈むー下半身や下肢に症状が出やすい。(膝、足首、腰)
・ 定着するーいったん体内に侵入すると、なかなか取り除くことが出来ない。症状の長期化。治りずらい。
・ 粘ばりがあるーねばねば、じとじと、ベトベトする。痰がねばったり、じとじとした汗をかく。大便がベトベトして便器が汚れる。
・ 脾をやぶるー食べたものを体内でエネルギーに変え、全身に栄養をめぐらせることができなくなる。食欲が落ちる。悪心。嘔吐。手足がむくむ。


(湿邪の症状)
頭重感、じとじとの汗、じゅくじゅくした湿疹、関節の重だるい痛み、場所の固定した痛み、ジメジメした日の症状悪化。


では次に、中医学で考えるひとのからだの面から、かぜとの関連性をみてみましょう。

<中医学で考えるひとのからだ>

「免疫力」…とは現代医学でよく用いられる言葉です。病気に抵抗する力、からだのバリア機能とも言えます。この考え方は中医学にもみられ、特に、からだの表層で外邪と戦う働きを「衛気(えき)」と呼びます。
この衛気が不足すると外邪の侵入を受けやすくなり、かぜも引きやすくなるわけです。

○衛気○
衛気―そもそもこれを説明するには、「気」という概念をお話しなければいけませんね。

「気」という言葉は、日本でも日常よく使われていますが、中医学で考える時は、次の二つの概念を重要としています。

<気>
1. 人体を構成する物質と考える
物質ですから、消耗したり補充できます。気が足りない人には、気を補う治療を行い、邪気が多く病気に罹っている人からは、この邪気を取り除く治療をします。

2. 活動性・運動性を持つ
人体の生理作用は、気の活動が中心となっておこなわれます。気の運動形態は、昇ったり降りたりする上下方向の運動と、発散したり収納したりする出入方向の運動が基本となり「昇降出入」と呼ばれます。

では実際に「気」が行う生理作用・種類をあげてみましょう。


☆気の生理作用☆
・ 人体を栄養する
・ 活動を推進する、ものを動かす
・ からだを温める
・ 病邪、外邪と闘う
・ 異常発汗や出血、遺精などを制御し、内臓の位置を保つ
・ 生体内での物質の相互変化や代謝を行う

☆気の種類☆
中医学では、働きや生成される場所などにより、気をいくつかに分類します。ここでは、代表的なものをご紹介しましょう。

・ 元気―生命活動の原動力となる。「原気・真気」とも呼ばれ、人体の発育や臓腑組織の活力を旺盛にする。
・ 宗気―心拍運動や呼吸を促進する、胸部にある臓器の働きに関与
・ 営気―特に栄養作用を強く示す。「栄気」ともよばれる。血液の成分となる。
○ 衛気−体表を防御する!!


やっと本題の「衛気」が出てきましたね。ここから衛気のお話に入ります。

衛気は先ほどあげた気の六つの生理作用の中で、特に<防御作用・温ク作用>を強く持っています。体表では、肌表を保護して外邪の侵入を防ぎ、汗孔の開閉を管理して体温調節を行います。また、肌の潤いを保つのも衛気の働きによります。

体内では筋肉や臓腑組織を温め、その活動を活発にします。

◎もし、この衛気が不足したら…◎
外邪からからだを守ることが出来なくなり、特に「風邪(ふうじゃ)」の侵入を受けやすくなってしまいます。いわゆる「かぜをひきやすい」状態です。

◎ どうしたら衛気が不足するの??◎
からだを守る働きは、肝・心・脾・肺・腎という五臓のうちの「肺・腎」と密接に関わっています。衛気自体は「腎」という臓にある両親から受け継いだ先天の精を源とし、飲食物からエネルギーを滋養して生成されます。この衛気を「肺」の発散力(宣発作用)によって体表に広く分布して、外邪の侵入を防いでいるのです。

慢性病にかかったり、からだ自体の気が消耗していれば衛気自体が不足することになります。また、「肺」の機能が低下していても衛気を体表に行き渡らせる事が出来ず、防衛機能は衰えてしまいますね。


さてここで、かぜの話に戻りましょう。

中医学では、かぜを「感冒」と称します。感冒は、衛気が弱くなった所に、風邪を感受して発病します。季節でみると、春夏には風熱、梅雨時期には暑湿、そして秋冬には風寒をともなうことが多いと言われます。風邪は寒邪・熱邪と結びついて、それぞれ風寒・風熱と言われます。この「寒・熱」の違いは、体温計で測れるものではなく、あくまで患者さんの訴える症状をもとに、脈・舌・顔色…などを考慮しながら診断します。たとえ39度の発熱があっても、本人が寒気や水様性の鼻水を訴えれば、「寒症状」ととらえます。

弁証
風寒
風熱
暑湿

季節
秋〜冬
春〜夏
梅雨(長夏)

病機
寒邪が体表から侵入。肺の宣発作用が損なわれ温めることも出来ず、寒冷症状を示す。
熱邪が肺を犯す。肺の粛降作用(呼吸で得た清気を腎に降ろしたり、余計な水分を膀胱に送る)が低下。熱症状を示す。
暑湿の邪気が、飲食物の消化、運化作用を失調させる。消化器症状を示す。

症状
悪寒・軽度の発熱・汗が出ない・頭痛・水様性の鼻水・くしゃみ・・水っぽい痰・口渇は無い
高熱・悪寒は軽い・喉の腫れ、痛み・口渇・咳そう・痰は黄色く濃い・目が赤い・黄色い鼻汁
頭痛・体に熱がこもる・関節痛・胸悶・お腹が痞える・汗はあまり出ない・腹痛・下痢・口が粘る

良い食べ物
体を温めて、寒邪を発散させるものが良い。
例)生姜・ねぎの白い部分・紫蘇・にんにく・こしょう・きんかん・シナモン
熱を外にだすものが良い。
例)薄荷・いちご・梨・緑豆・すいか・冬瓜・ゴーヤ
身体にこもっている熱、体内に停滞している余分な水分を排出するものが良い。
例)緑豆・はとむぎ・あずき・すいか

好ましくない食べ物
性質が涼のもの。生もの。体を冷やすもの。
例)生野菜・すいか・柿・なす・冬瓜・きゅうり・トマト
性質が熱や湿のもの。
例)ラム肉・こしょう・唐辛子・生姜・シナモン・人参・卵・にんにく
性質が熱や湿のもの。
例)風熱に同じ

症状に合うお茶・飲み物
杏仁茶
紫蘇入り生姜茶
ねぎ入りお味噌汁
菊花茶と緑茶を混ぜたもの
ミントティー
緑豆
はすの葉茶
はとむぎ茶

治則
去風散寒

宣発解表
疏散風熱

清粛肺気
清化暑湿

解表和裏

配穴
大椎・風池・風門・ 肺ゆ・合谷・列欠
(大椎・肺ゆにはお灸も良い。また汗が出ない時は、合谷・復溜も加える。)
大椎・合谷・外関・ 肺ゆ・尺沢・魚際
(喉の痛みがある場合は、列欠・照海を加える。)
大椎・合谷・曲池・ 中かん・足三里・ 陰陵泉
(吐き気や嘔吐がある場合は内関を加える)

※ どんな症状でも、感冒にかかったら安静は必要となります。

まずは日ごろから過労・飲食不摂生・寝不足を避けて気を充満させ、風が強い日は特に、からだ(首〜背中)に直接風が当たらないような服装を心がけましょう。

以上、中医学によるかぜの考え方をお話させていただきました。

いかがでしたでしょうか??

鍼治療を受けたことが無い方も、また中医学に初めて触れた!という方も、今日をきっかけにして、中医学の鍼灸に興味を持っていただけたら、本当に嬉しいです。

からだの声に耳を傾けながら生きるーそうすれば、自分自身が、自分にとっての名医となれるのでは…と思います。

ご質問等ございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

 


home

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.