6ヶ月以上炎症が持続する場合、慢性肝炎といいます。慢性肝炎を起こすウイルスは今のところB型肝炎ウイルス(HBV)とC型肝炎ウイルス(HCV)と考えられています。日本人では人口の1〜2%がHBV、HCVのキャリアーとされています。日常良くみられる疾患で慢性肝炎と区別 を要するものに脂肪肝があります。これは慢性的に肝機能障害が持続しますが、肝臓の炎症(肝炎)を起こすことは稀です。
頻度的には慢性肝炎の約70%がC型肝炎で、B型肝炎が約15%、自己免疫性肝疾患数%とされています。
肝機能が悪化しているのを知らずに放置していると、次第に慢性肝炎から肝硬変へと病気が進行し、ついには肝臓癌に至ることがあるのです。したがって、これらのウイルス性肝炎に対する治療は、肝臓癌を減らすために非常に重要な意味を持つのです。

中医学的では独自の理論に基づき、現れている症状や日常の生活習慣状況(睡眠時間、食欲、食べ物の嗜好、排便の状態)などを照らし合わせ、舌診、脈診などを用いて診察していきます。
その診断に基づいて、個々の体質を把握し、その人その人に合った治療をしていきます。

鍼灸治療では、身体の機能を活性化させ、体力や免疫力の増強をはかることができ、現代医学での治療をうまく併用させることにより効果 が高まりやすくなるかと思います。


▼現代医学的な診断・検査・治療法▼
 肝炎の原因には、下記のようなものがあります。
・ウィルスによるもの(ほとんどが、これになります。)
・アルコールの多飲
・自己免疫性疾患
自己免疫性肝炎(AIH)と原発性胆汁性肝硬変(PBC)があって、これらの疾患は、外からの原因ではなく、自らの免疫系が肝臓を攻撃してしまうもので、比較的稀な疾患です。
・薬剤性
・脂肪肝

 ここでは、ウイルス性肝炎の中のB型肝炎とC型肝炎についてお話していきたいと思います。

<B型肝炎とは・・>
B型肝炎ウイルス(HBV)の感染により肝臓に炎症が起こる病気です。
急性肝炎の約30%、慢性肝炎の約20%がB型肝炎ウィルスの感染で起こるといわれています。B型肝炎ウイルスは人の血液、体液を介して感染することが知られ、感染経路は、母親から子供に感染する「垂直感染」と、それ以外の経路による「水平感染」に分けられています。

■感染経路
<垂直感染>
キャリアの母親から赤ちゃんに感染する母子感染のことで、95%が出産時に産道を通 過する際に起こります。近年では、出産直後からはじまる予防プログラムの普及によりほとんど感染は起こりませんが、母親の子宮内で胎盤早期剥離などのため、出産以前に胎児に感染してしまっているケースが稀に存在します。

<水平感染>
輸血・注射・ハリ治療・入れ墨・性交為などにより、キャリアの血液や精液に濃厚に接触した際に起こります。現在では、血液銀行で厳重な検査がなされ輸血で感染することはありません。又ディスポーザブルの注射針やハリが一般 に使用されるので、注射やハリ治療で感染することはありません。
成人期の感染は、発病しても急性肝炎のみで慢性肝炎になることは稀です。しかしごくまれに劇症肝炎を発症することがありますので慎重な観察が必要です。
B型肝炎のほとんどは新生児、乳幼児期に感染したものです。

B型慢性肝炎の20〜30%が肝硬変へ移行し、さらに肝がんを合併する可能性があります。
また時には、肝硬変を経ずに肝がんになる場合もあります。

<C型肝炎とは・・>
C型肝炎ウイルス(HCV)の感染により肝臓に炎症が起こる病気です。
急性肝炎の約20%、慢性肝炎の約70%はHCVの感染により起こるといわれています。また、日本の肝がんの約80%はC型肝炎が原因といわれ、がん発症率の高さが問題となっています。

■感染経路
<輸血後肝炎>
輸血や血液製剤による感染で、およそ半数を占めます。現在では、血液銀行での厳重なチェックにより輸血で感染することはまずありません。

<散発性肝炎>
残りの半数にあたり、ほとんどが、昔の予防接種や覚醒剤注射などによる血液感染とみられ、性交為による感染はごくまれです。
HCVはHBVに比べ、血液中のウイルス量がはるかに少なく、精液などの体液に出てくる量 はきわめて微量だからです。HBVでは過去に高率にみられた母子感染もHCVでは2%前後にすぎません。

C型肝炎ウイルスに感染すると急性肝炎が起こりますが、症状が軽いために気づかれないケースが多く、劇症肝炎となるケースはほとんどありません。
急性C型肝炎の30%前後は治癒しますが、70%前後は治癒せず慢性C型肝炎に移行していきます。

<肝炎の検査>
 慢性肝炎のなかでも軽いものから肝硬変に近いものまであり、その程度を知るために
・血液検査(GOT、GPT、血小板数など)、
・画像検査(エコー検査、CT検査)
などを行います。
進行してくるとGOTの方がGPTよりも高くなってきたり(慢性肝炎のうちはGPTの方が高い)、血小板数が減少したりします。
最終的には肝生検といって、細い針を用いて肝臓の組織を一部採取し、顕微鏡で調べる検査をするとより詳しく状態を見ることができます。

<肝炎の治療>
肝炎ウイルス保有者の方すべてに治療が必要なわけではありません。自然に治った方や、肝機能が安定している方の場合は、治療せずに定期的に血液検査を行い、経過をみます。

<インターフェロン(IFN)とは・・>
B型・C型どちらの慢性肝炎でも使われますが、特にC型肝炎ウィルスに対してウィルス完全排除が期待出来るので注目されています。
もともとは人間の体内で産生される糖蛋白質で、ウイルスを体内から排除したり、ウイルスの増殖を抑える働きがあります。また、完全にウイルスが排除されなくてもGOT・GPTの数値が正常化したり、肝機能の改善をもたらし、ひいては肝硬変・肝がんへの進行を抑える働きもあります。

根治的治療としては、インターフェロン治療があります。最近はリバビリン(経口抗ウイルス剤)を併用することによりインターフェロン単独では約30%の治癒率が、約50%まで上がったと言われています。
対症療法としては、ウルソデオキシコール酸、強力ネオミノファーゲンC(静脈注射)などがあります。インターフェロン治療をすると、たとえ治癒しなくても後の肝臓癌の発生を抑制することができるとも言われています。

〜B型慢性肝炎の治療〜
B型肝炎は、HBe抗原が陽性でHBe抗体が陰性であると、ウイルスが増殖し肝炎が増悪し持続する傾向があります。その結果 、肝機能が悪化しやすい状態になります。
しかし、HBe抗原陰性、HBe抗体陽性になるとウイルスの増殖が弱まり肝炎は鎮静化し、肝機能も安定化します。B型慢性肝炎ではこの状態になることを目指し治療をしていきます。

〜C型慢性肝炎の治療〜
C型肝炎ウイルスは、自然に排除されて消えてしまうことが極めて少ないウイルスで、急性感染者の約70%が慢性肝炎へ移行し、肝硬変、肝がんへと悪化する傾向にあります。最近、GPTを下げることができて肝炎を鎮静化させることができれば最終的には肝硬変、肝がんへの進行抑制が出来ることが判明しています。
治療の目標は、まず肝炎を鎮静化させること、最終的にはウイルスを排除することです。


▼中医学的慢性肝炎のとらえかた▼
中医学では、主に「肝」「胆」「脾」「胃」の働きが低下することにより、慢性肝炎を引き起こすと考えられています。
肝と胆が関わるということは、みなさんも既にお分かりになるかと思います。しかし、脾と胃はというと「???」の方もいらっしゃるかもしれません。この脾と胃こそが慢性化の段階では病気を長引かせる病気の根源となるわけです。
健康な状態の肝と脾胃との関係は、エネルギーの流れを円滑にする働きのある「肝」が、消化機能をつかさどる「脾胃」の働きを高め、消化・吸収の手助けをしています。一方、肝と脾胃との間で不均衡な状態が生まれますと、エネルギーの流れが停滞し、消化吸収がうまく行なわれなくなってしまいます。その結果 、食欲がわかない、吐き気がある、軟便ぎみである、体が重いなどの症状があらわれます。
急性期(肝炎)では、肝胆から脾胃に影響を及ぼし、慢性期では、脾胃のエネルギー不足の病変が肝胆に及ぶケースが多いのです。

 脾は、消化吸収をつかさどり、湿をつかさどります。
この湿とは、粘滞性があり、流れを阻む性質があります。一旦この湿が身体に停滞しますと、病気が長引きやすく、熱を生みやすくなります。自然界でいう梅雨の季節がこれにあたります。蒸し暑く、ねっとりとした汗が肌にまとわりつく感じを体感されたことがあるかと思います。この状態が体内でも同じように起こり、気血の運行を阻むのです。この湿を生む主な原因となるのが飲食の不摂生や過度の飲酒になります。その結果 、脾胃の働きを低下させ湿邪(不必要な水分)が身体の中に蓄積します。
病状がさらに進むと肝胆に影響を及ぼし、肝のエネルギーが鬱滞しますと、胆汁の輸送がうまく行なわれなくなり、肝胆の正常な機能を阻害し、本病の発病につながるのです。

 ここで簡単に、中医学的体のしくみについて、それぞれの臓腑の働きについてどのように考えられているのかを説明していきたいと思います。

▼中医学的からだのしくみ▼
〜「気」「血」「水」とは〜
体全体の活動源である「気」、体内の各組織に栄養を与える「血」、血液以外の体液で体を潤してくれる「水」、これらの3つが体内に十分な量 で、スムーズに流れていることにより、体の正常な状態が保たれます。
もし、これらのひとつでも流れが停滞してしまったり、不足してしまったりするとからだに変調をきたし、様々な症状がでてきます。さらにこの状態を放置し、慢性化してしまうとお互い(気・血・水)に影響が及び症状が悪化してきてしまうのです。

〜臓腑の働きとは〜
「気・血・水」を作り出し、蓄え、排泄するといった一連の働きを担っているのがこの臓腑です。
現代医学的な働き以外に中医学では「気・血・水」が深く関わってきます。ですので、現代医学と全く同じ役割分担ではありません。ゆえに違う診たてができるのです。
この点をまず理解してください。

「肝」・・ @ 全身のエネルギーの流れを調節する。
精神的ストレスなどを受けて働きが低下(エネルギーの流れが停滞)すると、
★ 気、血の流通の停滞が起こり→ 偏頭痛、胸や脇の脹った痛みや苦しさ
★ 情緒・感情が不安定になり → イライラ怒りっぽくなる、憂鬱感、
ヒステリー、ため息をつく
★ 消化機能(脾・胃)の失調 → げっぷ、悪心、嘔吐、胸焼け、食欲不振、下痢、胃酸がこみ上げる、消化不良、
口が苦くなる、黄疸

肝のエネルギーが巡っている部位に、これらの症状がみられます。
肝の気がスムーズに流れず滞ってしまうと、消化機能をつかさどる脾・胃に影響を与え、消化、吸収の働きが停滞してしまう。

  A 全身の血液量をコントロールし、蓄える働きがあります。
肝の働きが弱まってしまうと血液を蓄えることが出来なくなるため肝の支配している器官の機能減退症状があらわれてきます。
  例) 目のかすみ、爪が割れやすくなる、手足の震えやしびれ、
筋けいれんが起こりやすくなったりします。

「胆」・・   肝で生成された消化酵素、胆汁を蓄える。分泌は、肝の調整により行われる。
胆汁の運行が阻まれると、皮膚の外に溢れ、肝の支配器官である目が黄色くなるなどの症状が現れます。

「脾」・・ @ 食べたものをエネルギー(気・血・水を主に作り出す)に変え、体全体の機能を活発にします(運化作用)。
働きが弱まってしまうと、うまくエネルギーを生み出せないために疲れやすいなど全身の機能(臓器など)が低下してしまいます。
軟便または下痢、痰が多く出る、手足がむくむ、食欲がない、身体が重だるい
  A エネルギーを上に持ち上げる働きがあります(昇提作用)。
働きが低下すると、いいエネルギーが上にいかないために、めまい、たちくらみが起こり、さらに悪化すると子宮下垂、胃下垂、脱肛、など内臓の下垂が見られます。
  B 血を脈外に漏らさないよう引き締める働きがあります(固摂作用)。
働きが低下すると、不正出血、月経が早まる、青あざが出来やすくなったりします。

「胃」・・ @ 食べた物を胃の中空器官で受け取る
      ↓
  A 熟成させる
      ↓
  B 下に位置する小腸へ送るといった一連の働きを担っています。

@の働きが失調しますと、食べたものを戻す(悪心、嘔吐)
Aの働きが失調しますと、胃の中に食物が停滞したまま、消化されません。
(臭いげっぷがでる、腹部の膨満感、胃痛)
Bの働きが失調しますと、下へ下降させることができません(便秘)。
胃の働きの失調の特徴は、「停滞」と「逆流」です。@ABそれぞれの状態で留まった状態が長く続きますと、食べ物は熱と化し腐敗します。そのため、熱症状および臭いを伴った症状が多くみられるのです。

 


home

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.