▼中医学的病気の診断・治療方法▼
個人の体質やその時々の症状、体調を考慮したうえで、治療方法を決めていきます。
そのため、同じ症状であっても人によっては治療方法が異なることがあります。
この他、食べ物の嗜好、生活習慣(睡眠時間、食欲、排便の状態など)を問診し中医学独特の診断方法である舌診、脈診などを用いて診察していきます。
その診断に基づいて、個々の体質を把握し、その人その人に合った治療をしていきます。

▼中医学的糖尿病のタイプと治療法▼
〜上消〜
●燥熱傷肺タイプ●
「肺」は適度に潤っている状態を好み、乾燥状態を嫌います。
熱が肺に停滞し、肺の水分が失われ枯渇状態になります。そのため乾燥症状が主にあらわれるタイプです。
<随伴症状>
喉が渇き多く水を飲む、口の中が乾く、舌が乾燥する、頻尿で量が多い。
<治療法>
肺に停滞している熱を冷まし、潤していく「清熱潤肺」、水分(血や水に相当)を補い、のどの渇きを癒していく「生津止渇」の治療をしていきます。

〜中消〜
●胃燥津傷タイプ●
「胃」も「肺」と同様、適度に潤っている状態を好み、乾燥状態を嫌います。
胃に熱が停滞することにより、水分が失われ、熱が旺盛な状態となります。そのため、熱症状が強くあらわれるタイプです。
<随伴症状>
多食、飢えやすい、口渇、多尿、痩せてくる、便は乾燥する。
<治療法>
胃に停滞している熱を取り除く「養胃潤燥」、水分(血や水に相当)を補う「養陰増液」の治療をしていきます。

〜下消〜
●腎陰虚タイプ●
糖尿病では、この潤す力の低下(腎陰虚)が、根本原因であると考えられています。
<随伴症状>
頻尿で量が多い、混濁したクリームのよう、また尿に甘味がある、腰や膝がだるい、力がでない、めまい、耳鳴り、唇が乾燥する、皮膚が乾燥し痒い。
<治療法>
体を養う血、潤す働きを高める「滋陰補腎」、のどの渇き止める「潤燥止渇」の治療をしていきます。

●陰陽両虚タイプ●
病気が長期になりますと、腎陰だけであった損傷が腎陽にも及び、陰陽(温める力と潤す力)が共に虚の状態になり、あらわれるタイプです。
<随伴症状>
頻尿でクリームのような混濁した色、飲み物を飲むとすぐに尿がでる、顔は憔悴している、腰や膝がだるい、手足がほてる、寒がり、手足が冷える、月経不調、インポテンツ。
<治療法>
温め、潤す働きを高める「温陽滋陰」、「補腎固摂」の治療をしていきます。

●オ血タイプ●
病気が長期に及ぶと血の流れが停滞し、さまざまな代謝異常を引き起こします。
<随伴症状>
静脈瘤がある、血管が浮き出やすい、内出血(あざ)ができやすい、シミやそばかすができやすい、普段から肩こり、腰痛がある、睡眠が浅い、目の下にクマができやすい。
<治療法>
血の流れを良くし、停滞した血を取り除いていく「活血化オ」の治療をしていきます。

▼タイプ別にみる生活養生・食養生▼
自分のタイプ(体質)を判断できた方はこれから説明していきます。
タイプに合った食養生を1つでも2つでも毎日の生活の中に取り入れ、実践してみてください。
体質が徐々に改善し体調がよくなり、症状が軽くなっていくのが実感できると思います。

●燥熱傷肺タイプ●
【生活習慣】
辛い食べ物、お酒の飲みすぎは、体の中に熱を生みます。過食、多飲は避けましょう。

【食べ物】 〜肺の熱を冷ます作用がある食べ物を摂りましょう〜
  (穀類) 大麦、あわ、とうもろこし、はとむぎ、小麦
  (魚介類) かに、あさり、ところてん、昆布、わかめ、のり、しじみ
  (野菜) れんこん、なす、トマト、きゅうり、とうがん、レタス、ごぼう、大根
  (果物) なし、すいか
  (お茶) 緑茶、菊花茶、薄荷茶


●胃燥津傷タイプ●
【生活習慣】
油っこい食べ物や辛い食べ物、肉類、お酒の飲みすぎは、体の中に熱を生みます。過食、多飲は避けましょう。その際、野菜を多くとるようにして普段の食生活も和食を増やしてみましょう。
いつもお腹がすいているタイプなので、食事の量 に気をつけましょう。
徹夜仕事や夜遊びなどもほどほどにしましょう。

【食べ物】 〜胃の熱を冷ます作用がある食べ物を摂りましょう〜
  (穀類) 大麦、あわ、とうもろこし、はとむぎ、小麦
  (魚介類) かに、あさり、ところてん、昆布、わかめ、のり、しじみ
  (野菜) れんこん、なす、トマト、きゅうり、とうがん、レタス、ごぼう、大根
  (果物) なし、すいか
  (お茶) 緑茶、菊花茶、ウーロン茶


●腎陰虚タイプ●
【生活習慣】
体を養う血の消耗につながる生活は避けましょう。睡眠はしっかりとり、生理中は血を消耗させやすいのでパソコンの使いすぎ、テレビの見すぎ、夜更かしは避けましょう。
血を補い、体を潤す働きのある食べ物を摂るよう心がけましょう。

【食べ物】 〜体を冷まし、潤す作用のある食べ物を摂りましょう〜
  (乳製品) 豆乳、牛乳
  (肉類) 豚の皮、鴨肉、豚肉
  (魚介類) いか、牡蠣、すっぽん(とくに甲羅の部分)
  (野菜) 山芋、白きくらげ、黒きくらげ
  (果物) なし、もも、ぶどう
  (木の実) クコの実、くるみ、黒ごま
  (お茶) 桑の実とクコの実のお茶


●腎陽虚タイプ●
【生活習慣】
冷えやすい下半身は下腹部や腰部にカイロをはって、しっかり温めましょう。
体を温める食べ物を摂るようにしましょう。

【食べ物】 〜体を温め、活動力を増す作用のある食べ物を摂りましょう〜
  (穀類)  もち米
  (肉類) 羊肉、鹿肉、牛肉
  (魚介類) えび、なまこ
  (野菜) にら、ねぎ、ししとう、かぼちゃ、しょうが、にんにく
  (木の実) 栗、くるみ
  (香辛料) 酒、シナモン、黒砂糖、ウイキョウ(フェンネル)
  (お茶) 杜仲茶、ジンジャーティー黒砂糖入り


●血於タイプ●
【生活習慣】
夏は冷房、冬は外気の寒さから体が冷えるのを防ぐようにしましょう。
冷たいものの摂り過ぎは血行を悪くするので気をつけましょう。
寒い季節や冷房で冷えた日は、生野菜は控え、温野菜を摂るようにしましょう。
適度に運動をして、適度な汗をかくよう心がけましょう。

【食べ物】 〜血液の流れを良くする作用のある食べ物を摂りましょう〜
  (豆類) 小豆、黒豆
  (野菜) あぶらな、にんにく、にら、ねぎ、しょうが、とうがらし
  (香辛料) 酢、少量の酒
  (お茶) 山ざし茶、バラ茶、紅花茶


▼その他日常生活での注意点▼
〜食事療法〜
適度な食事量と適切な食事内容の調節で、血糖値をコントロールすることができます。また適切な食事はインスリンの作用不足を改善する効果 が期待できます。
不規則な食事は血糖値の変動を大きくし、すい臓にも負担をかけます。食事は規則正しく、ゆっくりとよく噛んで食べましょう。
〜運動療法〜
運動療法は、糖尿病のさまざまな症状を改善し、さらに動脈硬化の予防などの点でも効果 があります。
しかし、進行した合併症がある時には、運動によって病状を悪化させてしまうこともあります。
運動療法を行う際は、まず主治医と相談し、自分に合った運動と運動量 を決定し、決して無理をせずに自分の体と相談しながら適切な運動量 を継続することが大切です。
有酸素運動でエネルギーをしっかり燃焼させましょう。有酸素運動は脂肪を燃焼させる効果 があります。
有酸素運動(散歩、水泳、ジョギングなど)でエネルギーを確実に消費しましょう。
少し汗ばむ程度の運動量で20分以上、週に3〜5回、食後1〜2時間に行ないましょう。



=本来の東洋医学の治療の姿に関して一言=

当院では局所治療に限定せず、あくまでも身体全体の治療・お手当てを目的としております。
例えば、ギックリ腰や寝違いといった急激な痛みに対して、中医鍼灸の効果 は高いですが、これも局所の治療にとどまらず全体的なお手当てを行なっているからなのです。
急性の疾患にせよ慢性の疾患にせよ、身体の中で生じている検査などには出てこない生命活力エネルギーのバランスの失調をさぐり見つけ出すことで、お手当てをしております。
ゆえに、慢性の症状を1〜2回の治療で治すというのは難しいのです。
西洋医学で治しにくい病・症状は、中医学(東洋医学)でも治しにくいのは同じです。
ただ、早期の治療により中医学の方が治し易い疾患もございます。
例えば、顔面麻痺・突発性難聴・頭痛・過敏性大腸炎・不眠・などがあります。
大切なのは、あくまでも違う角度・視点・診立てで、病・症状を治してゆくというところに中医学(東洋医学)の意味合いがございます。

当院の具体的なお手当てとしては、まず、普段の生活状況を伺う詳細な問診や、舌の色や形などを見る舌診などを行い、中医学(東洋医学)の考えによる病状の起因診断を行います。
これは、体内バランスの失調をさぐり見つけ出すために必要な診察です。この診察を踏まえたうえで、その失調をツボ刺激で調整し、元の良い(元気な)状態へ戻すことが本来の治療のあり方です。
又、ツボにはそれぞれに作用があり、更にツボを組み合わせることで、その効果 をより発揮させる事が出来ます。

しかしながら、どこの鍼灸院でもこの様な考えで治療をおこなっているわけではありません。一般 的には局所的な治療を行なっている所が多いかと思います。

さて、もう一点お伝えしたいことが御座います。
当院では過去に東洋医学の受診の機会を失った方々を存じ上げています。
それは東洋医学に関して詳しい知識と治療理論を存じ上げない先生方にアドバイスを受けたからであります。
この様な方々に、「針灸治療を受けていれば・・・」と思うことがありました。
特に下記の疾患は早めに受診をされると良いです。
顔面麻痺・突発性難聴・帯状疱疹・肩関節周囲炎(五十肩)
急性腰痛(ぎっくり腰)・寝違い・発熱症状・逆子
その他、月経不順・月経痛・更年期障害・不妊・欠乳
アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎、など
これらの疾患はほんの一例です。
疾患によっては、薬だけの服用治療よりも、針灸治療を併用することにより一層症状が早く改善されて行きます。
針灸治療はやはり経験のある専門家にご相談された方が良いと思います。

当院は決して医療評論家では御座いませんが、世の中で東洋医学にまつわる実際に起きている事を一人でも多くの方々に知って頂きたいと願っております。

少しでも多くの方に本当の中医鍼灸をご理解して頂き、お体のために役立てていただければ幸に思います。

 


home

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.