楊先生のちょっとためになる話  

2006/09/第十七回:高血圧症について



 皆さんこんにちは。院長の楊 志成です。
 吹く風が涼しく過ごしやすい季節になりましたね。ですが、疲れがどっと出るのもこの時期ですので、体のためにも旬のものをたくさん食べて栄養補給をし睡眠も充分取るようにし
ましょう。
 
さて、今回の「ためになる話」は、『高血圧症』 についてお話ししています。高血圧といえば、色んな病気を引き起こす原因といわれていますので、今回のお話を読む事で、少しでも高血圧症の事を知って頂ければと思います。


 さて今回は「高血圧症」についてお話させて頂きます。
 皆さんは「高血圧」についてどの程度ご存知でしょうか?
人間の体には大小の血管が上下左右にくまなくはりめぐらされています。その中を血流が循環することによって酸素や栄養素を供給し、炭酸ガスや老廃物を回収、廃棄しています。そして、血管に血液を送り出すポンプの役割をしているのがT心臓Uです。心臓は収縮することによって血液を血管に送り出し、からになると拡張し血液を吸い込みます。
 この心臓の収縮拡張によって、血液が血管にかける圧力のことを「血圧」と言うのです。
収縮期の血圧は最高血圧、「上の血圧」を言い、拡張期の血圧は最低血圧、「下の血圧」を言います。人が健康に生活して行く為には、この最高血圧と最低血圧の数値がある一定の範囲内に収まっていることが必要です。それを越えると「高血圧症」となり、様々な病気を引き起こす原因となるのです。



 最高140−最低90のいずれかを越えると高血圧症と判定されます。
これは世界的に統一された基準です。





 
  高血圧症は自覚症状がほとんどありません。ですから別 名「サイレントキラー(忍び寄る殺し屋)」と呼ばれています。自覚症状が乏しい為に放置してしまい、やっと気が付いた時には既に手遅れになっているという場合が多いのです。
 高血圧が何故危険かと言うと、放置しておくと脳や心臓、腎臓、血管などをむしばみ、ひそかに障害を進行させるからです。 すなわち、高血圧症が招く合併症こそが恐ろしいのです。


  例えば、水の入ったゴム球をギュッと強く握れば、それだけ圧力が高まり水は勢い良く噴出します。 また、スポイトの管が細ければその分だけ水が通りにくくなって圧力が高くなります。 同様に心臓から送り出す力が強いと血流の量が増えて血圧は高くなり、血管が細く抵抗が高ければ、やはり血圧が上昇します。
運動やストレスは交感神経を刺激して心拍数を上げ、血液の量 を増やしますし、食塩の摂りすぎ等も心拍出量を増加させる原因になります。
 このように、人間の日常生活では塩分の多量 摂取、アルコールの過剰摂取、ストレス、肥満、運動不足などが血圧を高める原因となっています。
 そして、血管そのものの抵抗を高める最大の原因は動脈硬化です。





 
  みなさんは高血圧症をお灸で改善できる事をご存知でしょうか?
当院では、高血圧の方にT家庭灸Uをお勧めしています。
当院で行っているのは、高血圧に効くのはTこのツボUという対症療法的なツボ療法でなく、患者さんをタイプ別 に分けることによる根治に結びつく治療法です。家庭灸で過去に何人もの患者さんが薬の服用を止めることができました。また、家庭灸を続ける事によって一定の正常値を保っている方々が大勢いらっしゃいます。
 百聞は一見にしかずをもじって、「百読は一灸にしかず」で、お灸をされてみてはどうでしょうか ?
自分の体質、タイプ別の判断が分からないという方は問診表にチェックを入れ、大体の症状を記入し、当院へ送信して下されば灸点の指導をさせて頂きます。また、 家庭灸指導に関しての費用は一切かかりません。中国医学普及活動の一環で行なっていますので、お気軽にご利用下さいませ。

1.肝鬱化火(かんうつかか)
 このタイプは長期に渡って精神の緊張があったり、ストレス或いは思い悩むことが起因で高血圧を引き起こしてしまうタイプです。
 症状としては血圧の上昇、眩暈(めまい)、フラツキを伴うケースが多いです。
 家庭灸は足三里行間内関のツボにお灸をされると良いです。


足三里
膝の皿の外側のすぐ下のくぼみから、
外くるぶしに向かって手の指の横幅3本分下がったところです。


行間
足の親指と人差し指の間で
指をすりあげて止まるところです。


内関
手首を内側に曲げた時できるしわから
手の指の横幅2本の筋肉の間です。

2.腎精損虚(じんせいそんきょ)
 このタイプは労働のしすぎ、或いは体力の消耗や加齢により人間の活力エネルギー、自然治癒力、体をケアするコントロールが低下してしまった為に起こる高血圧です。
 家庭灸は、足三里三陰交太谿絶骨のツボにお灸をされると良いです。


足三里
膝の皿の外側のすぐ下のくぼみから、外くるぶしに向かって手の指の横幅3本分下がったところです。



三陰交
足の内くるぶしの上から手の指4本分上です。

太 谿
足首の内くるぶしのすぐ後ろで
アキレス腱との間のくぼみです。

絶 骨
足首の外くるぶしの上、指の横幅4本分上 です。

3.心脾両虚(しんぴりょうきょ)
 このタイプは長期的な思い悩みが続き、睡眠が上手く取れずにいて、自律神経が失調しがちになり、交感神経が高ぶり血圧が上昇してしまうタイプです。
 家庭灸は足三里三陰交内関公孫のツボにお灸をされると良いです。

足三里
膝の皿の外側のすぐ下のくぼみから、外くるぶしに向かって手の指の横幅3本分下がったところです。


公 孫

足の親指の付け根の骨を超え、
手の親指横幅分位後ろのへこんだ所です。

三陰交
足の内くるぶしの上から手の指4本分上です。


内 関

手首を内側に曲げた時できるしわから
手の指の横幅2本分の筋肉の間です。

4.痰湿中阻(たんしつちゅうそ)
 このタイプは飲食不節、或いは油っぽい物を過食し、体内の新陳代謝が低下し、不必要な湿脂がたまり気血エネルギーの流れがスムーズに行かず血圧を上昇させてしまうタイプです。
 家庭灸は足三里中かん豊隆のツボにお灸をされると良いです。

足三里
膝の皿の外側のすぐ下のくぼみから、外くるぶしに向かって手の指の横幅3本分下がったところです。


中かん
臍から手の指の横幅4本分上がった所です。


豊 隆
足の外くるぶしと膝の外側の骨です。


陰陵泉
すねの前の骨の内側をすり上げて行き
膝の内側にある骨の下です。

*なお、ご紹介しております家庭灸に関しましては自己の納得の上で行なってください。
家庭で行う鍼灸につきましては当方で責任を負うものではございません事をあらかじめご了承頂けたらと思います。

 




 さて、皆さんは自分がどのタイプに属している高血圧か、おわかり頂けたでしょうか?
おわかりになったら是非、家庭で定期的な施灸を行なってみて下さい。長期的に行って頂ければ血圧のコントロールに役立ちますし、体調もすぐれてくるかと思います。
 施灸に関しましては、できれば朝晩2回、温熱感を感じるくらい行なって下さい。 朝晩2回が無理な場合は、晩の1回でも良いので継続して行って下さい。
家庭灸の施灸に関して、何か分からない事があれば当院へ気軽にお問い合わせ下さい。


 尚、効果が出始めるのに、2〜3ヶ月はかかるかと思いますので、家庭灸を始められたからといって薬の服用などをすぐに中止しないで下さい。
また 効果が出てくると今まで以上に血圧が下がる傾向になりますが、勝手な判断でお薬の服用を変更せず
、まずは主治医の先生と相談するようにして下さい。
「低く安定しているのですが、薬を減らして頂けませんか?」或いは「軽いのにして頂けませんか?」などと伺われるのが良いかと思います。
そうして 、最終的に廃薬にして頂ける様になれば幸いかと思います。





今回のためになる話、いかがでしたか?
内容についてのご質問や、ご相談などいつでもうけつけております。
メール又は、お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

院長 楊 志成

  

| | | | | | |

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.