楊先生のちょっとためになる話  

2004/08/第十三回:体のエネルギー量って?



 皆さんこんにちは。院長の楊 志成です。
 毎日30度を超える暑い日が続いています。こんな時期は、チョット動くだけでも汗でびっしょりになってしまいますよね。水分不足の自覚症状がないまま放って置かれますと、熱中症などで倒てしまわれる方もいらっしゃいますので、まめに水分補給をして、休憩もいつもより多めに取るよう心掛けてくださいね。

  さて、
今回の「ためになる話」は、体のエネルギー「陰陽(いんよう)」についてお話ししています。「体がだるいなぁ」とか、「夏なのに体が冷えるなぁ」などと感じている方は、陰陽のバランスが崩れているのかもしれません。これからお話しします症状にあてはまるものがあれば、「自分には“陰”が足りない」とか、「“陽”が多いな」というふうに、不安定な部分かがわかります。是非、暑い夏を乗り切るご参考にして頂けたらと思います。



 体のエネルギーについて


  中医学の考え方に、自然界の全てのものを「陰(いん)」と「陽(よう)」の二つに分ける「陰陽」という考え方があります。
「陰」は物事の静的側面を表し、水に代表されるような寒さや静けさの象徴です。 「陽」は物事の動的側面を表し、火に代表されるような熱や活動の象徴です。

  「陰」「陽」は、一方の勢いだけが強くならないように相手を押さえつける関係、水が火を消したり、火が水を乾燥させたりするというように、お互いに影響しあう凸 凹な関係です。
  例えば、人間は動きすぎると疲れて、休息が必要な状態になりますよね。これは「陽」の勢いを押さえる為に「陰」の力が強まっているからなのです。 そして、 充分に休息をとれば、また活動する意欲が湧いて来ます。 また、沢山活動すると気持ちよく眠れるようになります。このように、「陰」「陽」は、互いの過不足を調整して上手くバランスをとっているのです。 「陰」「陽」のバランスがとれている間は、体の働きは順調でいられます。やじろべえの様に、上手く陰陽のバランスを保っているのがベストコンディションといえる状態です。
  また、人間の人生観の中にも、陰陽は存在しています。例えば、つらい時があったり、良い時があったりという風に、です。しかし、いつもつらい時ばかりではありませんし、そのつらい時が過ぎれば、おのずと良い時もやってきますよね。ただ普段は、一般 的に「普通」といわれる時を一番多く過ごされていると思います。これも陰陽のやじろべえです。 病気ももちろんそうです。具合の悪い時があって、回復があります。そして普段元気な時は、陰陽のバランスが上手く保たれている状態ということになります。



 


  人間の体内には陰陽のエネルギーが存在し、それによってバランスが保たれています。陰陽のバランスが崩れると、寒がりになったり暑がりになったりします。また、それに伴った様々な症状も出てきます。




(+)プラスのエネルギー
 体を温める活動エネルギーです。
 体の新陳代謝を促進して、 血液循環などを促進します。


(−)マイナスのエネルギー
 体を温めすぎないように調節します。




機能低下の状態、または、エネルギー不足の状態です。



機能が病的に働きすぎる状態です。エネルギーがありあまっている状態です。




体を温めるエネルギーが足りないために血行不良や内臓の働きが鈍くなってしまう状態です。



【症状】
寒がり、手足の冷え
気力が出なくて活気がない
軟便、お小水が透明で量が多い
汗をかく

【舌全体の色】

血色のない色(淡)
舌のこけの色は白





体を温めすぎないようにするエネルギーが足りないために、各器官の働きが悪くなり、バランスが取れなくなる状態です。



【症状】
手足のほてり、のぼせ、喉の渇き
イライラ、不眠、便が乾燥ぎみ
寝汗をかく、お小水の色が濃い黄色

【舌全体の色】
赤みがかっている こけが少ない 
舌の表面に割れ目ができる





体を温めるエネルギーがありあまり過ぎるために、機能が亢上しすぎている状態です。



【症状】
体のほてり、喉の渇き、顔が赤い、目の充血、 お腹が張って痛い
痛いところを押すと嫌な感じがする便が乾燥ぎみ
お小水の色が濃く量が少ない
意識が昏迷する、うわごとを言う

【舌全体の色】

赤 こけは乾燥してやや黄色





体を温めすぎないようにするエネルギーがありすぎるために、体を冷やしすぎてしまう状態です。



【症状】
悪寒、手足の冷え、顔色が青白い、痰が多い
お腹が痛く押すと嫌な感じがする、便が軟らかい
お小水の色が透明で量が多い

【舌全体の色】
白っぽい こけは白で厚い




体を温めるエネルギーも、温めすぎないようにするエネルギーも足りないために、覇気が無く、顔色も良くない。他にも陰虚と陽虚の症状がどちらか強く出てきたりしますし、両方の症状も同時に出てくる事もあります。



【舌全体の色】
淡い白 紫色 など         

 



それでは、自分の陰陽に対してチェックしてみて下さい

 

〔陽 虚〕 
 〔陰 虚〕 

冷え性    
寒がり 
疲れやすい
息切れをしやすい
汗をよくかく 
むくみやすい 
尿が出にくい 
夜間頻尿 
顔色が白い 

暑がり 
のぼせやすい
手足がほてる
喉が渇いて水分をよく摂る
耳鳴りがする 
めまいがする
よく眠れない 
寝汗をかく 
下半身がだるい
 

 体内のバランスがどの様になっているか、また、自分がもしバランスが崩れているようならどの様に崩れているかを、グラフ表を参考にしてチェックしてみましょう。そして普段の生活に注意し、陰陽のバランスを保つよう心掛けましょう。

  陽虚タイプの方は、冷たい食べ物や飲み物は控えめにして、火の通 った消化の良いものを中心に食べるようにしましょぅ。生野菜や果 物の取りすぎには注意して下さい。そして 伊達の薄着はやめて、寒いと感じたら保温をするようにしましょう。また 睡眠をしっかりとり、活動で消耗した体力を充分補給しましょう。
  陰虚タイプの方は過労、睡眠不足を避けるようにしましょう。 体が熱くなる香辛料は控え目にするとよいでしょう。また、ストレスを減らすように心掛けて下さい。ストレスが貯まると熱になり、体内水分が蒸発しやすくなります。

 さて、みなさんの体内バランスはいかがでしたでしょうか?
 もう少し詳しく自分のバランスについて知りたい、どのような生活をする事で改善していけるか聞きたい、などご相談されたい事がある方は、お気軽に当院までメール又はお電話にてお問い合わせ下さい。
 「ご相談窓口 」フォームで送信されますと、より詳しくお答えできますので、是非そちらからご相談下さい。

 




今回のためになる話、いかがでしたか?
内容についてのご質問や、ご相談などいつでもうけつけております。
メール又は、お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

院長 楊 志成

  

| | | | | |

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.