鍼灸治療体験談



                   (善福寺在住 男性の場合)

現代医学的アプローチ
 末梢循環障害による“冷え”に悩む方々は多くおられ、特に女性に多くおられます。また、ホルモン失調が加わると症状はなおさら強くなると考えられています。冷えに悩まされる方は、元来“ホルモン失調を起こしやすい体質”であるようです。冷え性の方は、外部からの保温に留意すると同時に、十分な食事を補う必要があります。
 尚、月経不順がある様な場合は、末消循環不良、ホルモン失調などもチェックして手当てを考える必要があります。 冷えは腰部を含め、下半身の苦痛を誘発するものが多く、特に冬場になると女性では頻尿、膀胱炎などを引き起こしやすくなります。

西洋医学的な治療
1) 食事療法
(高カロリー、高ビタミン、高蛋白食)

2) 薬物療法

(抹消循環改善剤、両性混合ホルモン剤、
ビタミン剤、酵素剤、 その他女性ホルモン、
卵胞ホルモン、黄帯ホルモン)

※しかし、根本的な対応策は確立されていないのが現状です。



中国医学的アプローチ
 “冷え性”とは、ある一定の期間にわたって、体のどこかに冷えを自覚し、不快感や苦痛を感じる症状です。 一般に、冷える部分に触れると冷たく感じます。しかし、触れて冷たくても本人が冷えを自覚しなければ冷え性ではありません。
 中国医学では色々なタイプに分けて考えます。

【陽虚タイプ】

 もともと虚弱体質で慢性病、また、老化などにより体を温める活力エネルギーの陽気が衰え、その為に虚寒が生じ冷える病態です。これは体の活力エネルギーが衰弱し、血液を流す力も弱まり、血行も悪くなって体を温める能力が低下した状態なのです。
 陽虚タイプには、「心腎陽虚」「脾胃陽虚」「脾腎陽虚」などがあり、細かく振り分けて考えます。

【寒湿タイプ】

 寒冷、湿気などが体に侵入することで体の機能が低下し、冷えと共に水分が停滞してむくみを伴うタイプです。 これは、体内に寒湿が停滞する病態で、体の冷えと共に水分(湿)が停滞して、‘むくみ’が出るのが特徴です。水分が皮下や筋肉に溢れ、余分な重量 になると同時に筋肉の働きを阻害するため、体が重だるく感じます。 また、水分が血管を外から圧迫するので血行が悪くなり、水分が外界の寒冷で冷やされると冷却効果 が強まって冷えを強く感じます。水分は下方に貯留しやすいので、一般 的に下半身の冷えが顕著です。

【寒湿定着タイプ】

 下半身の冷え、下肢の軽度のむくみ、体が重だるい、腰痛などの症状があります。
  魚屋、八百屋、調理師、漁師、水仕事にたずさわったり、寒冷な所で作業される方に多く発症します。 或いは、汗で濡れて冷えた着衣を着たままで作業したり、湿気の多い住居で生活されていたりすると発症することが多くなります。

【お血タイプ】

 下半身の冷えや顔色や口唇がどす黒い、肌の色が悪く、月経痛、月経不順などの症状があります。このタイプは、外傷、出産などによる内出血、或いは慢性病、老化などにより、気エネルギー不足による血行を推動する力が弱くなったり、血行渋滞を起こし、或いは気の流れが低下し、気滞に伴う血行の祖滞などが原因で血流が停滞するために冷えが生じます。
 
  その他、「寒凝」「湿滞」「肝郁気滞」など、まだまだ色々なタイプが存在し、冷え症を起こすと考えられています。

〈実際の治験例〉善福寺在中 65才 男性  
  この方は、腰から下肢にかけて冷えの症状が強くありました。普段から元気がなく、疲れやすく、暖かい場所を好み、すぐうとうとして横になりたがり、腰や足がだるく力が入らないということでした。夜間はよく尿に起き、ひどい時は、一晩3〜4回起きるということもあり、特に冬場はその傾向にあるということでした。舌の型と色を診た所、淡白で胖大、これは冷えていて気エネルギーを引き締める力が足りないことを表します。脉は遅く、これも冷えていることを表わします。
 この方は加齢ということもありましたが、もともと体力は無い方だとおっしゃっていました。中国医学的な考えでは、陽虚タイプ「腎陽虚」というタイプに属していましたので、温補腎陽と言う治療方針を立て、治療を行なっていきました。
 加齢から来るエネルギー不足と体を温める力が弱くなっているので、治療はエネルギーを補充するツボと、体の陽気を出すツボに重点をおきました。そして、安眠を妨げている夜間尿の回数をなるべく早く改善出来る様に考え、お灸を多く使いました。
 また、食生活の指導も行ないました。食事には、体を温める作用がある赤豆山芋生姜などを多く摂取する事をすすめました。また、赤豆、山芋弱っている腎の臓器のエネルギーを補うという働きもあります。腎は排尿と関わりが深い為、腎のエネルギーが早く回復すれば、排尿の回数も減ってきます。また腰のだるさも改善されるようになります。
 治療を始めて7〜8回目から夜間尿の回数が減少し、腰のだるさも抜けて来ました。さらに、15回目あたりの治療では夜間尿が1回になり、腰のだるさは無くなり、体全体に元気が出てきたとおっしゃっていました。
 この方はトータルで30回治療を受けられました。その結果、夜間尿が無くなり、疲労感も抜け、治療を受ける前よりも血色が良くなり、下肢の冷えも改善されました。当初は足裏を触れただけでも冷たいと感じましたが、治療を終える頃には足裏を触っても冷たい感じは無くなりました。舌の色も淡紅になり、舌の型、胖大が無くなり引き締まってきていました。
 「冷え」に関しては、中国医学では、体を温めるエネルギーを補う治療を行なって行けば体質改善につながると考えています。ですから、今後この方には食生活に気をつけていただき、体を温めやすい“紅茶に生姜”を入れて飲んで頂くこと、そして“ごま茶”の服用をすすめました。ごまには血流を促す成分が入っていますので冷え性の方におすすめです。
 尚、漢方の服用でも冷え症は改善されます。この症例タイプの方などは、右帰丸四逆湯を服用なさると良いでしょう。

●冷え症の改善に有効的なツボ
「関元」
「三陰交」「血海」「曲池」というツボは、冷え性には効果 的です。

ツボの摂り方
関元
へその真下に位置し、へそから手の指の横幅3本分下がったところにあります。
【三陰交
足の内くるぶしの上端から、手の指の横幅4本分上の位置にあります。

血海
膝の皿の内側の端から、手の指の横幅3本分真上にあるツボです。

曲池
肘を曲げた時にできる横じわの、親指側の端にあります。



「関元」
は、気のエネルギーを補します
「三陰交」「血海」血流の促進作用があり、「曲池」気を流す作用があります。気の流れが促進すると、血流も改善されて来ます。
 これらのツボにお灸や手で指圧しますと、冷え症の症状が緩和します。ですが、これらのツボは補助であって体質改善を行いたいと思うのであれば、やはり個々の体質に合ったツボの選択を加える必要があります。専門的なことをお知りになりたい方は、お気軽にご相談下さい。





いつも肩が凝りやすい      
頭痛が起こりやすい
腰痛や腰のだるさがある
体力が無く疲れやすい
イライラしやすい時がある
普段から下痢しやすい
足がむくみやすい
普段の体温が低く目で36°以下
暖かい場所に居ても手足が温まらない
入浴後、湯冷めしやすい
気分が落ち込みやすいタイプ
トイレが近い
冬場膀胱炎になりやすい
風邪をひき易い

チェック項目が“7個以上”ある方は『冷え症』です。
ご参考に、一度お試し下さいね。

 

BACK  NEXT  TOPtop

home

| | | | | |

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.