ハード

 

 

 当院では、お子さまの疾患で来院される方が多くいらっしゃいます。そんな中で、治療を始めるにあたって、「アトピー性皮膚炎、喘息、夜泣き、虚弱体質、 夜尿症等々の小児に対してどの様な治療を行なっているのでしょうか?」というご質問をお受けすることがよくあります。そこで、当院のお子さまに対する治療についてここで少しお話ししようと思います。

 
当院では、基本的に小児に対して直接の鍼治療は行なっておりません。
 
それは 子供さんの場合、只でさえ医療機関を嫌がる傾向がありますし、 無理に鍼治療を行うことによっていたずらに恐怖心を与えてしまうといけないからです。そこで、当院の治療は、ちょっと突起のあるローラーを使ってツボを刺激してあげたり、 突起のあるローラーでツボ上をさすってあげたりといった感じで行います。
  その他にも、「棒灸(ぼうきゅう)」といって棒状のお灸をツボの上でかざし、温熱を加えてあげる治療もいたします。 この方法ですと、「ほんのりと体が温まりとても気持ちが良い」と子供さんにも喜んでいただけます。「灸」と名前は付いていますが、 直接肌に触れる灸ではありませんので、火傷や火ぶくれを起こす心配もありません。
  もうひとつの手当ての仕方は、「ローラー灸」というものです。 これは、ローラー状になっているステンレスの棒に棒状の灸を入れ、ツボにこのステンレスを当て コロコロさすって、温熱とマッサージを与える治療方法です。この刺激方法も、とっても気持ちが良く、子供さんが受け入れやすいようで、中には治療中に寝てしまうお子さんもおられます。 また、この治療法は家庭でも行ない安いですので、なるべく刺激効果を維持させた方が良いと思われる症状の時は
継続的に家庭でも行なってもらう場合もございます
  ここでご紹介した療法は、お子さまの自然治癒力を引き出すには、とても良い方法なのです。

 中国では、多くの小児の病気をこれらの療法で手当てしております。特に生命力豊かな小さなお子さんの場合、中国医学的な発想に基づいた体の活力エネルギーを補充してあげるこれらの手当てをする事によって、 時には西洋医学的なアプローチより早く結果が出てくることもございます。
  お子さまの体調不良やご病気で悩まれている方は、どうかお一人で悩まずにお気軽に当院へご相談下さい。 当院には子供の対応に慣れた優しい女性スタッフも在中していますので安心してご来院頂ける事と思います。

 

すぐに相談する
メールにてご相談いただけます。
こちらをクリックして問診表に詳しい症状を書き込みご相談下さい。
直接お電話にてご相談いただきますと、より詳しくご説明できることと思います。

Tel:0422-20-4389

Home

| | | | | |

Copyright2002 by YANG CHINESE MEDICINE CLINIC .all rights reseserved.
This material may not be copied without written from
YANG CHINESE MEDICINE CLINIC.